風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

株式会社ワークスアプリケーションズ

株式会社ワークスアプリケーションズという企業がある。

いわゆるERPを売る会社で、会社の基幹となるシステムを販売・サポートするため、導入が続いていた当時は会社として盤石の体制を築いていた。

僕が就職活動をしていた頃は、まさに花形企業だったように思う。
ホールを貸し切って行う会社の合同説明会では一番いい場所に広く陣取り、ブースは満員。
どの就職活動支援会社が主催する合同説明会にも、大体参加していたような気がする。

「働きがいのある会社」としても有名で、表彰もされたようだ。
社員も、バイタリティに満ち溢れた有能な人という印象を受けた。
有名な大学を出た人が多くイケイケな印象で、自分には縁遠いかな…と思っていた。

ところが最近久しぶりに名前を聞いたと思ったら、極度の業績不振に陥っているらしい。
売上高より多い純損失を計上していた。

社長も解任されたらしい。

成長していた当時の印象のまま止まっていたので、とても驚いた。
優秀な社員がいても、その時は成長していても、こんなことになってしまうとは。

何十年と会社が続くことの難しさを思い知った。