風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

知らないふりをすることは効果的

最近、知らないふりをする事の大切さに気づいた。

悪いことをして、知らないふりをするということではない。
相手が教えたい内容を察して、それが知っていることでも知らないふりをするということだ。

「○○さん、○○らしいですよ!」
と言われたら、知っている内容でも「そうなんですね!知りませんでした。」
と返す。

「教えたい」という欲求に応えれば、相手は満足する。
「知ってますよ」と答えたら、相手の欲求を満たすことはできない。

しかし、単に何でもかんでも「知りませんでした」と言えばいいわけではない。
知っていることを、相手に知られてはいけない。

知られたら逆効果だ。
嘘をついているわけだからね。

また、あまりに「知りませんでした」を連発すると、無関心だと思われるので避ける。
バランス感覚が必要だ。

知識・情報を追い求めるというのは良いことであるが、どんな場面でも使うことのみがいいというものではない。
あえて使わないという選択肢もある。

相手を気持ちよくさせることの方が、意外と重要なこともある気がする。
現実世界ではこんな話、できないけどね。