風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

保険のお姉さん(強)

Aという会社の、保険のお姉さんの営業が激しい。

僕はB社と契約しており、他社のお世話になる気はない。
他社のお姉さんは、だいたい契約内容を見せると退いてくれる。かなり手厚く契約しているからだ。

しかしA社のお姉さんは攻めてくる。
先日は、ついに「B社との解約も視野に…」と言ってきた。「安いから、あなたのためだ」と言う。

月々数百円~千円で、今までB社と結んだ関係を捨てろと言うことである。

金融商品は複雑なのだ。僕にもお姉さんにもすべては分からない。
ある程度以上の細かいところは、信頼で買うしかないと思っている。

逆の立場になったらどうするつもりなのだろうか。
仮に僕が契約を乗り換えたとしても、そういった手段で乗り換えさせたのなら、その場しのぎにしかならないだろう。
また乗り換えられる可能性がある。
矛盾になってしまう。

ではどう営業すれば良かったか?
それは僕には分からない。

同業者の契約をお客さんから奪うというのは、とても難しいと思った。