風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

「FF6」の新たなバグを発売25年後に見つけたテスト技術者の腕前

tech.nikkeibp.co.jp


ファイナルファンタジー(FF)6は、発売から25年を迎えても新たなバグが見つかっている。
僕は先日スマホ版を買ったため、目に留まった記事だ。

tonpeym.hatenablog.jp

僕はこのゲームを3回楽しんでいる。
まずは発売直後、スーパーファミコン版だった。当時から
「ドリル装備(本来装備できないドリルを頭に装備する等)」
オペラ座で世界崩壊前ワープ(オペラ座のネズミに負けるとなぜか世界が崩壊前に戻る)」
のバグは有名だったと思う。

そして十数年前だろうか、ゲームボーイアドバンス版もやった。
この時「モグタン将軍」というバグを知った。
主人公の1人がモグタンというモブキャラに変わってしまうものだ。

そして十数年の時が流れても、新しいバグが発生しつづけている。
「持っていないはずの飛空艇に乗った状態で再開する」「テントで寝たら魔大陸が上昇した」
こういったYouTubeの動画を見るのはなかなか面白い。

バグが多すぎるのは製品としてどうなのか?とも思うが、
発売から何十年経っても移植を繰り返して話題になっているのは、いいゲームなんだと思う。