風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

小さな音に敏感になった男

東京で働き始めてから、小さな音に敏感になった。

これまでの人生で気に留めなかったような音も、気になるようになった。

まずは咀嚼音だ。
人によりけりだが、気になる。
そして熱いコーヒーやお茶をすする音も。
鼻をすする音や、イヤホンの音漏れも気になる。

自分が敏感になったからなのか。
そうでなければ多分、人口密度が高いからだろう。

田舎はそもそも人がいないから、人工的な音は発生しない。
車のエンジン音ぐらいだ。

よく「田舎は人と人との距離が近いから」と言われるが、
人と人との物理的な距離は都会の方がかえって近い。

それが煩わしい可能性は高い。
東京は、あまり長く居るところではないのではと思うことしきりだ。