風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

初心を思い出す

年休を取った。

今年からは年間で5日間年休を取る必要があるので、何も用事はないが休んだ。
仕事は溜まる一方である。

郵便局(ゆうちょ銀行)に行く用事を思いだした。
定期積立を引き出そうと思っていたが、窓口の手続きが要る。

定期積立は、大学を卒業した時に、勝手に天引きでお金が貯まるようにと始めた。
1万円づつ3年(36か月)、計36万円溜めたのだが、引っ越しの度に住所変更の手続きを窓口でするのが面倒な上、
会社の財形貯蓄をやっていることもあり3年で辞めてしまった。ちなみに僕は3年で3回引っ越している。

今回、その36万円を引き出しに行ったわけである。
開局と同時に局内へ。
中央郵便局であったが意外と混んでおらず、すんなりと中へ。

シャッターが開いて開局すると、局員の皆さんが入口に立ち「おはようございます!」と一斉に挨拶してくれた。

僕の応対をしてくれたのは、多分新入社員だろう人だった。
かなりぽっちゃりしていて、顔はかわいい。
手際はさておき、一生懸命やってくれた。

待ち時間の間もお年寄りの荷物を持ったり、誘導したり、切れた封筒を補充したり、ハキハキとやっていた。

正直郵便局にはあまり良いイメージがなかったが、ここの郵便局は皆さん丁寧に応対されている。
中央郵便局だからなのか?地域性?
いずれにせよ、郵便局のイメージが良い方向に覆った。


話は変わるが、僕はイチロー選手のこの言葉が好きである。

初心を忘れないことっていうのは大事ですが、初心でプレイをしていてはいけないんです。
成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけない。


これはとても難しい。
初心を忘れまいとすると、夢中になることが肯定されたような気がして、周りが見えなくなってしまう。

今回の郵便局での出来事のように、初心でやっている人を見て、感化されるのが一番良さそうである。