風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

From the New World 新世界より

新世代の幕開けにふさわしい曲を考えていたが、この曲しか思いつかなかった。





ドヴォルザーク交響曲9番、通称「新世界より
チェコからアメリカに渡ったドヴォルザークの代表曲であり、クラシック音楽を代表する有名な曲だ。

ボヘミアネイティブ・アメリカンの伝統音楽が融合した旋律は、弦楽四重奏・チェロ協奏曲と並ぶ、彼のアメリカ時代における最高傑作とされる。

「新世界」というのは無論アメリカの事だとは思うが、この副題が令和という新時代の幕開けにぴったりではないか。
多分、いやきっとそうだ。



f:id:tonpeymanning:20190430144449j:plain

(写真は、先日リトルマーメイドで見つけた令和のパン)



平成の最後は特に気負うこともなく、いつも通り過ごして令和を迎えた。
特別なことは何もやっていない。

新しい世代は良いことばかりが向こうから自動的にやってくるよう期待して、新時代を迎えたい。