風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

男らしさ、女らしさという言葉

「男らしさ」「女らしさ」などという言葉がある。

定義は人によって異なると思うが、興味深いのが、この言葉がまだかなりの頻度で使われているという事だ。

いわゆる男女平等、または性的マイノリティ等々の社会的認知が進むにつれ、真っ先に消えそうな言葉だと思うのだが、まだ色んなところで使われているのが実情だ。

別に僕はこの言葉たちを否定するつもりはない。

「男なら負けられない戦いがある」
「男気溢れる」
「女性らしいきめ細かい気配り」
「女の勘がそうさせた」

などは、小説等にも頻繁に登場する言葉だ。

別に悪いことを指しているわけではない。
こういった表現たちが、この世から消える日も近いのだろうか。

注視していきたい。