風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

映画「ウォッチメン」公開から10年

映画「ウォッチメン」が米国公開10周年を迎えた。


ウォッチメン [Blu-ray]

ウォッチメン [Blu-ray]


この映画は未だに、自分の中で強烈な存在感を放っている。
今まで見た映画で、3本の指に入るかもしれない。

いわゆるアメコミの映画化だが、派手な戦闘シーンは少ない。
一方で、かなりグロテスクなシーンがある。

内容は「我々が住む日常世界に、政府公認のヒーローを投入したらどうなるのか?」という旨の映画である。

問いかけとしてはマーベルの「シビルウォー キャプテンアメリカ」に近いかもしれない。
しかしこちらは第二次世界大戦や冷戦期が、よりリアルな内容が描かれている。実名の有名人も登場する。

実は劇中には、超人的な能力者は1人しかおらず、あとは普通の人間がコスプレしてヒーローををやってるような感じだ。

行動もおよそヒーローと呼べるようなものではない。
しかし考えてみれば、やっていることは
世の中を正すこと。
我々が見てキャッキャと見て喜んでいるヒーローそのものなのである。

正義とは、平和とは何か。
至るとすれば、どのような過程で?
ありがちな題材に見えるが、ここまで奥深くまで問答している作品はなかなかない。

「Who watches the Watchmen?」(誰がウォッチメンを見張るのか?)

という言葉が印象的な、歴史に残る傑作だ。
上映時間3時間近くの大作だが、是非ともおすすめしたい映画である。