風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

中学受験

2月頭は中学受験のシーズンだった。

僕は中学受験をした。
小学校6年生の夏から塾に通い始めて勉強をした。
他の子は3年生や4年生から通っていたが、僕は寝なければすぐ風邪を引く子だったので通えなかった。

結果は、3校受験して3校とも合格。
明らかに受からないような中学も受かったので、当時は「運が良かった」と思っていたし、親もそう思っていたことだろう。

でも今考えると、なぜ受かったのかは分からない。
運は良かったんだろうけど、運だけで受かるほど受験というものは甘かったのだろうか。

確かに、中学受験は大学受験に比べて運の比重が少しは多いと思う。
ただ、そこまで大きくはないのかもしれない。

そう思ったきっかけは、今年あった甥っ子の中学受験だ。
僕の甥っ子が今年中学を受験したが、合格発表の段階ではどこも受からず、追加で第二志望の中学に合格した。
甥っ子は早くから塾に通って、クリスマスも元日も朝から晩まで勉強をしていた。

それを見ていると、何とも申し訳ない気持ちになった。

結果としては良かったが、追加合格だったので受かるまではやきもきした。
姉や親には「あんたの場合は運が良かった」と言われるかと思ったが、言われたのは「あんたは天才だった」という言葉。

さすがにそれはないと思うが、甥っ子を一番近くで見てきた姉や両親がそう言ったのだから、運だけで受かるほど中学受験というものは甘くはないのだろう。

なぜ合格したのか、ますます分からなくなった。