風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

疲れが取れず、休むと逆に疲れる

フルマラソンに向けての休息期間に入っている。

練習はせず、睡眠は多めに取る。
ストレッチやマッサージなどで、体の疲れを取っていく。

取っていくはずなのだが、なぜか疲れが逆に溜まる。
足がどんどんだるくなっていく。

毎月250kmを走り込んでいるのだ。走るのをやめたら普通、疲れが取れるんじゃないのか?
足を押すと、疲れが沸いてきて全身に回る感じだ。

思えば、ここ2年ほど毎月200km程度は走り続けている。
幸か不幸か体が頑丈で、ケガどころか痛くて走れないことすらない。

累積している疲労が、かなりのレベルなのだろう。
思い切って休まないと、いつか大怪我しそうである。

自分の最大の欠点は「休めない」ことだと自覚している。
自覚しているのだが、休めないのだ。

休まなくていいのは元気な証拠なので、贅沢な悩みかも知れないが…