風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

賞与

少し前に、賞与(期末手当、ボーナスとも言う)が支給された。
弊社は最近業績が悪く、以前と比べてあまり賞与がもらえない。

春季生活闘争も、儀礼的になってきているように感じている。ここは労働組合の役員として反省すべき点だ。まあ反省するだけになりそうだが。

労働組合員も含めて、賞与が業績と連動している企業は多いが、このシステムをあまり理解していない。
賞与がない企業も結構あるのではなかろうか。つまり、法的に支給しなければならないものではないのだろう。

多分、各社で根拠を持って計算しているはずだ。しかし弊社の就業規則を読んでも、計算式は書いてあるが計算式の根拠がどこにも書いていない。定義がよく分からなかった。

そうなると、「賞与は組合員の頑張りを反映する手当」という、よく言われる定性的なものが支給の根拠になる。
そうなると為替の影響や原燃料価格の高下は賞与の金額とあまり関係ないような気がするのだが、弊社は原燃料価格が高いので僕のボーナスを下げてきた。

よく分からないし、無知は怖い。