風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

昨日は何の日?(吉岡里帆さんの誕生日)

昨日は、吉岡里帆さんの誕生日だった。
本人のInstagram曰く、26歳になったらしい。

昨日は仕事が長引き、23時前に会社を出た。
自宅最寄り駅前のスーパーマーケットが25時までやっているので寄って、ケーキを購入。
(あまり多くの種類が残っていなかったのが残念である。)

家に帰り、ケーキを前にして僕はこう言った。
「おめでとう、里帆。」

翌日冷静になり考えると、僕は会ったこともない人の誕生日を祝ったという事実に直面した。
昨日を、1年に一度の大切な記念日だと思ってしまったのだ。

昨日の仕事中も、取引先にもらった吉岡里帆さんの2018年カレンダーを見ながら
「綺麗になったね、里帆。」
などと心の中で呟いていた。

仕事で疲れていたのかもしれない。
とにかく、僕は昨日、今日(つまり今日から見た昨日。ややこしい。)が幸せだと思ったのだ。

人間にとっての幸せとは、会ったこともない人によってもたらされるのか?
あなたにとって大切な人とは、会ったこともない人なのか?

人間というものがますます分からない。