風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

10連休になりそうな人は何人か

来年のゴールデンウイークが10連休になるというのを、ニュースを見た。

僕の今の勤務体系はカレンダー通りの土日祝日が休みの形態だから、恐らく10連休になる。
年間休日数は決まっているから、多分どこかの適当な土曜日が出勤日(という名の年休奨励日)になって調節されるのだろう。

ところで世の中には、土日祝休みの職業というのはどのぐらいあるのだろうか。少数派なのか多数派なのかすら、よく分からない。
ニュースでやっていたように10連休になる人の割合も、よく分からない。例えば経済効果等を算出する時、どのような数字を使っているのか。

色々とネットで検索するも、非正規雇用者が増えていることもあって全然分からない。勤務先や派遣先の就業規則に従うということなら、そのまま正規従業員で土日休みの人の割合を取ればいいのだろうか?
業種によって非正規雇用者の割合も違うし、それは乱暴かなとも思う。

また、同じ会社でも本社と工場では就業規則が違ったりする。
工場でも、三直三交代なら土日休みのところもあるだろうが、そうでないところも多そうだ。コンビナートでは土日でも、煙突から煙が出ている。
前述の工場や、ホテルやコンビニなどはシフト制によって昼夜問わずの稼働を成り立たせている。そういったところで働く人にとって、10連休は縁のない話だろう。

また、土日に都内のオフィスビルに電気が灯っていることはよくある。
そういう人たちの中には、カレンダーでは休みなのに出勤している人も多そうだ。頭が痛い。

考えれば考えるほど分からない。
何となく予想がつくのは、10連休はどこも混みそうだということぐらいである。