風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

パケットが足りなくなった

1年前に田舎から都会に越したら電車移動が増えてパケットが足りなくなった。ついつい吉岡里帆さんの画像他を見てしまうためである。

僕の回線は格安スマホの3GB/月と、自宅の固定回線だ。電車移動が多いと、3GBでは心許ない。

 

で移動中にスマホをいじるのをやめようと読書を始め、駅前の図書館で本を借りたのを読んでいる。

 

市営の図書館を使っているが、Webで本の予約や延長ができ、市内中の市営図書館にあるあらゆる蔵書を取り寄せることができる。

借りるときもなんか板の上に本をおくと自動でバーコードがスキャンされて、カードをかざせばなんか終わってしまう。

開館時間も、平日は夜8時までとなかなか遅くまでやっている。

 

大都市圏に住んで、公共サービスの良さに感心。

「田舎都会論争」という、どっちがいいのかという主張のぶつかり合いがあるが、住めば住むほどどっちがいいのか分からない。

 

地方の政令市も悪くないし、地方の中核市もまあまあだ。大都市から電車で30分ぐらいのところも悪くない。

 

どこも一長一短である。