風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

キャッシュレスの流れについて

僕は、現金決済をなるべくしないようにしている。

理由は東京で生活しているので電子決済の土台が整っていることと、せっかちで面倒くさがりなことである。
財布を開けて小銭を取り出して…というのが苦痛だ。だからオートチャージ式のSuicaと、クレジットカードでなるべく支払うようにしている。

思えばSuicaも進化した。僕は導入日にSuicaを買ったが、多分17年前のことである。あの日の朝刊に「育つか、スイカ」の記事が出ていた記憶があるが、よく育った。新宿駅Suicaのペンギン広場までできてしまった。

話が逸れたが、電子マネーやクレジットカードは意外なお店で使えないことがある。串カツ田中は有名だが、吉野家日高屋・かつ屋なども一例だ。
理由は何だろう。コスト面?客層?無頓着ということはないはずである。

串カツ田中は、こういう理由だそうだ。
gendai.ismedia.jp


9月の北海道地震の時に、「有事では電子決済が使えないから、現金は大切なんだ!」と言っていた人がいた。
確かにその通りであるが、そもそも東京ですら普段から電子決済だけで生きていくことはできなかろう(生きていけるようにすべき、というのとは別問題)。
いわんや地方においてをや、である。

先日マクドナルドで、機械の調子が悪いから電子マネーの決済ができないと言われた。
また、とあるスーパーでは毎日24時ぐらいに、通信の関係で5分ほどSuicaが使えなくなる時間帯がある。

こういったことを考えると、現金も少なからず所持すべきではないだろうか。

極端な考えはしたくないものだ。