風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

インフルエンザの予防接種は、なぜ受けるのか?

インフルエンザの予防接種を受けた。
かれこれ、もう15年ぐらい1度も欠かした年がない。

インフルエンザの予防接種を受けるのは、自分のためではなく、他人に迷惑をかけないためだと思う。

例えば、インフルエンザになって予定をキャンセルせざるを得ない場合、部活動をやアルバイト・仕事を休まなくてはならない場合は、誰かしらに迷惑がかかる。

また、職場や学校に具合の悪い人がいて、次の日にインフルエンザ罹患が判明して休んだ場合、残された人々は「自分に移ったのではないか」と心配になる。
医学的なことは脇に置いて、気持ちの問題として、だ。

しかし予防接種を受ければ、この確率を減らせる。

経済的に余裕がない・訳あって注射ができないなど、個別の事情があるなら仕方がない。しかし、そうでなければ受けるに越したことはないと思う。

しかし、会社でも意外と受けている人が少ない。こういうところに従業員のレベル=会社のレベルの程度が、見え隠れしているような気もする。