風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

スピードスケート、国内シーズン開幕

www.nikkansports.com

スピードスケートの高木美帆選手が、国内開幕レースであるジャパンカップの1,000mで優勝した。
五輪後にはモチベーションの維持に苦しんだようだが、結果はもちろん、インタビューにも力強さが戻ってきているように感じる。

ところで、正確にいつからかは分からないが、高木選手はこの距離の実力で国内に並ぶ者がおらず、一人旅の状態である。
そうなると、勝負する相手は自分自身になるだろう。

前々から疑問なのだが、トップアスリートというのはどのような状態でも、100%の力が出せるものなのだろうか?
ケガをしていたり道具や競技環境が悪くても、という事ではない。練習でも自己ベストかそれに近い記録を出せるかという疑問だ。

僕はマラソンを趣味にしているが、練習では本番よりいい記録が出たことが1度もない。フルマラソンの練習でも、30km以上走ることができない。
100kmマラソンを完走した時も、練習では50kmまでしか走ることができなかった。

競い合う相手や周りの応援、給水やコースなど、マラソンの本番には実力を出し切れる要素がたくさんある。対して、一人で練習していると限界がすぐ来る。

では、スポーツを生業にしているトップアスリートはどうなのだろう。もちろん競技によっても違うだろうが、最近非常に気になっている事である。

疑問はさておき、どちらにせよ高木選手は、一人旅でも努力を続け、世界の舞台でも頂点を掴めるところまで来ている。

「体の使い方などまだ改善できる」

近くに好敵手がいない状態で、自分の体と向き合って結果を出していくことの難しさは、並大抵ではない。

妥協を捨てたその姿勢に、ただただ憧れるばかりだ。