風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

新垣結衣さんという名のトップメタ


この新垣結衣さんに関する記事を見て、前にこのような投稿をしたことを思い出した。
tonpeym.hatenablog.jp


この記事では「自らのかわいさを客観視できるのか?」という疑問を書いたが、記事が事実である限り、答えは「できる」である可能性が高い。
自分のあまりのかわいさに錯乱することもなく、客観的に捉えて仕事を全うしていく、まさに真のプロだ。

普通、少し勉強の成績が良かったり、スポーツができたりするだけでも、舞い上がるものである。
それが、自分が世界一かわいい可能性すらあり、毎日毎日四方八方から誉められている(と思われる)ような状況下でも、冷静なのである。

恐らく、自分のかわいさを示し続けることが社会の利益になるということを、誰よりも本人が理解している。
それで努力をし、かわいさに磨きがかかり、さらに社会への貢献度が増していくのだ。

もちろん、この記事自体も憶測の域を出ていないと思うので、記事が正しかったとすればの話であるが。
本当のところは、トップメタであるところの彼女自身のみが知る領域である。