風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

健脚の神様

根津駅から歩いて、谷中の延壽寺というところに行ってきた。
ランナー御用達のお寺らしいと、どなたかのブログで見た。

東京・谷中一丁目【延壽寺】足病守護の寺・日荷堂

祀られている日荷上人という僧は仁王像を背負って三日三晩歩き続けたらしく、健脚の神様と言われているとのこと。
足病守護として、ランナーに人気のスポットとなっているというわけだ。

僕もお参りしてきた。

幸い競技を初めて大きなケガを負ったことはないが、足が痛くて走れなくなったことぐらいはある。
月間250km-300kmを走る場合は疲労感をかなり残して走り続けているため、ケガの危険性は少なくはない。

ラソンは一生の趣味になる可能性があるが、それは大きなケガをしなかった場合である。
それに、今の自分からランニングを取ると、ストレスや時間の持て余し、カロリー過多などが残ってしまう。
だから、できればケガはしたくない。

f:id:tonpeymanning:20181012075342j:plain
f:id:tonpeymanning:20181012075412j:plain

健脚御守というものも手に入れた。
努力と神頼みを組み合わせて、ケガなく新記録を狙っていきたい。