風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

自分の所属しているレベルで、勝ちを狙いにいくことの重要性

秋に入り、冬シーズンのスポーツが続々開幕している。
スピードスケートの日本代表も始動したようで、こんな記事が出ていた。
(僕は高木美帆選手の大ファンである。)

www.sanspo.com

高木美帆選手は、モチベーションの維持に苦しんでいるようだ。
昨シーズンは「4年間全てをスケートに捧げた」旨言い切り、五輪も直後の大会でも素晴らしい結果を出した。
それだけに、五輪前からシーズン後の進退に関する記事が出ていた記憶がある。

燃え尽きてしまったのだろうか。
頂点に立つと、モチベーションの維持が難しいと聞いたことがある。これは恐らく、人々がスポーツをする目的と関係している。

僕は、スポーツの目的は楽しむことではなく勝つことだと思っている。レベルが高い領域(五輪やプロ競技)では、当たり前だろう。

五輪やプロ競技で「楽しんでプレーできました」というインタビューを見るが、それは自分の思い描いたレベルの高い競技を行えた瞬間や、相手に勝てた結果から「楽しい」と感じたのだと思う。
努力したのに思った通りのプレーができず、結果も負けであれば楽しいという言葉は出てこないはずだ。

マチュアでは裾野を広げるために「楽しんでプレーしよう」という言葉が使われる。それは間違いではないと思うが、それぞれのレベルで勝とうとする意識は必要かと思う。
低レベルの領域で勝利への執念を見せると「ムキになってカッコ悪い」と言われるが、そんなものは無視だ。自分の思い描いたプレーをして、勝つことが一番楽しい。

もちろんそのために必要なのは努力だ。勝利への執念は向上心に直結して、一つ上のレベルに行ける。
どんなに屹立したアスリートも、競技を始めた瞬間は低いレベルにいて、アスリートではなかった。勝利への執念が、アスリートを生むのである。

レベル自体は問わないのだから、別に「ランニングして痩せる」「スポーツでモテたい」とかでも構わない。この場合痩せること、モテることが即ち勝利であるからだ。

どんなときも勝ちを狙いにいく癖をつけたいものだ。