風のままに進むんだ

ここに書いたものが遺言になる予定

和洋折衷の凄腕料理人 プロコフィエフ

セルゲイ・プロコフィエフというロシア・ソ連の作曲家がいる。5歳で作曲に目覚め、9歳で最初のオペラを書いた、まさに天才である。
彼の自伝はとても面白かった。

プロコフィエフ 自伝/随想集

プロコフィエフ 自伝/随想集

そのプロコフィエフは生涯で2曲のヴァイオリン協奏曲を残しているが、全くもって作風が違う。

第1番は20代中盤(1917年)に書いた曲で、ロシア革命直前にアメリカ・フランスに亡命する前の曲だ。第2番は亡命を経てソ連に帰国してから、45歳ぐらい(1935年)で書いた。
余談だが、アメリカ亡命は日本を経由して行われ、その時日本にも長期滞在している。

プロコフィエフは音楽院在学中、まだ学生の時分にピアノ協奏曲第1番・第2番という挑戦状を楽壇に突き付け、その後も急進的な音楽を多々生み出してきた。

ところがキャリアも中盤に入り、1930年代前半にソ連に帰国する前後から作風が転進、保守的な曲も増えてくる。
(ここでいう保守的というのはロマン主義以前の音楽だろうか。僕は和声や対位を勉強しているわけではなく、主観的に過ぎない。学がないので苦しい。)

ヴァイオリン協奏曲第1番は、朦朧とした非日常・グロテスクな展開だ。急発進・急停止を繰り返し、展開もソナタ等ではなく奇妙である。主題もぼやけ、夢遊病のような感がある。

対する第2番は1楽章がソナタ、3楽章がロンドと、従前に従っている。楽章ごとに主題がはっきりし、民族性も伺える。


Prokofiev - Violin Concerto #2 3rd movt (Heifetz)

第2番の第3楽章は躍動感あふれる3拍子のスペイン舞踊風だが、これが素晴らしい。ソ連人だろうが、天才だから何でも書ける。

打ち鳴らされる打楽器と共に独奏ヴァイオリンがリズミカルに踊りまくる。
第2番といえばハイフェッツが2度録音した物が有名だが、有名な理由は上の動画で確認できる。
こんなに鋭くリズミカルに音を操られると、舞踊というよりかは剣舞に近い感を受ける。

話を戻すが、プロコフィエフは土着的かつ強烈な歌心がある第2番のような作品と、非日常で瞑想的、奇怪な第1番のような作品、どちらも書いてしまう。
(なんと、小説も書いていて日本でも出版されている。)

真の天才だ。