風のままに進むんだ

ここに書いたものが遺言になる予定

冷感?クーラー効かせたろ!

東京都千代田区の端で仕事をしているが、満員電車が嫌なのと健康のために朝は手前の駅から40分ほど歩いて通勤している。しかし最近は猛暑のため、どこかに寄ってコーヒーを飲み本を読んで、涼んでから出社している。

最初はマクドナルドに寄っていたが、混んでいるのでベローチェに行ったら以下のようなキャンペーンがやっていた。

chatnoir-company.com

「『1・7・2』のつく日はサイズアップ無料」であるが、その日は27日で、お会計するとサイズアップになった。1ヶ月で1・7・2がつかない日は3・4・5・6・8・9・30の7日間だけなので、だいたいサイズアップになる。

ベローチェは元々他店よりコーヒーが安いのに、とてもなサービスである。なお店内はクラシックがかかっていて、その日はモーツァルト交響曲29番の2楽章だった。2楽章が終わって3楽章に行くと思ったら全然違う曲が始まったので、3楽章は帰宅してから聴いた。


今日は30日なのでサイズアップではないため、タリーズに来たが店内が寒く、冷感について考えさせられている。冷感とは温度を下げることではなく、暑さとうまく付き合うことだろう。暑さと寒さはあざなえる縄のごとしである。

ちなみに本は持って来忘れた。