風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

音楽

ラヴェル ボレロ(究極の反復芸)

www.youtube.comモーリス・ラヴェルの傑作に「ボレロ」という曲がある。 恐らく、ほとんどの人が1度は聞いたことる有名な曲だ。この曲は特殊な構成で、すべて演奏すると15分ぐらいの長さになるが、最後の2小節以外は同じリズムである。 メロディも4小節のも…

シベリウス 交響詩「フィンランディア」

www.youtube.comシベリウスの「フィンランディア」という曲は素晴らしい。ロシア帝国の圧政に苦しむ当時の人々は、この曲を聴いて奮い立った。 奮い立つものだから、ロシア帝国の中では、この曲が一時演奏禁止になっていたこともあるらしい。管弦楽曲だが、…

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

www.youtube.com映画「ボヘミアン・ラプソディ」のブルーレイを借りてきた。 僕の母親がクイーン大好きで、若い頃からずっと聴いている。 今もたまに実家に帰ると、母はクイーンばかり聴いている。なので、まあ見てみるかと思い借りてきたわけである。 感想…

ベートーヴェン ピアノソナタ21番(ヴァルトシュタイン)

ベートーヴェンの名を知らぬものはいないだろう。 彼が生涯、耳の病に苦しめられていたことを知る人も多い。30歳を過ぎ、だんだんと耳が聞こえなくなっていったベートーヴェンは、失意のあまり自殺を考えるようになる。しかし彼は生きることを模索し、必死で…

灰かぶり

この間、人生で初めてオペラを見た。 キャストはオケ含め全てアマチュアという、なかなかない団体の公演だ。オペラはプロの公演だと高くて手が出ないので、こういう取り組みは本当にありがたい。 しかも小ホールなので、キャストの表情まで見えた。最高だ。…

ベートーヴェン 交響曲7番(リズム芸の極致)

ベートーヴェンは9曲の交響曲を作曲した。有名なのは5番(運命)、9番(第九)だろう。6番(田園)も、冒頭は誰もが聴いたことあるメロディだ。しかしここ十数年ぐらいで、7番の人気が高まっている。 きっかけは「のだめカンタービレ」のドラマだろう。 ヴァイオリ…

From the New World 新世界より

新世代の幕開けにふさわしい曲を考えていたが、この曲しか思いつかなかった。 ドヴォルザークの交響曲9番、通称「新世界より」 チェコからアメリカに渡ったドヴォルザークの代表曲であり、クラシック音楽を代表する有名な曲だ。ボヘミアとネイティブ・アメリ…

(ネタバレなし)アベンジャーズのテーマ

昨日「アベンジャーズ エンドゲーム」を見に行ってきた。 トーホーシネマズで見たが、入場時に起き上がり小法師をもらった。 パッと見、誰か分からない。 キャプテンマーベルかと思ってたが、よく見たらヒゲが生えてた。 ソー…でいいのかな。映画の内容はさ…

ショパン ピアノ協奏曲第1番

マウリツィオ・ポリーニというイタリアのピアニストがいる。 もう高齢だが存命で、世界を代表する音楽家だ。ポリーニを、一躍世界的な演奏家に押し上げたのが、1960年の「ショパン国際ピアノコンクール」だ。 このコンクールは世界的で3本の指に入るほど権威…

音楽のオーパーツ

音楽を聴いていると、たまに恐ろしく時代を先取りしたような曲に出会う。タルティーニという作曲家が、悪魔のトリル呼ばれる曲を残している。 タルティーニの夢の中で悪魔が弾いていたメロディを、楽譜に書き写したという逸話のある曲だ。 バロック期の曲だ…

サントリーホールで聴いた幻想交響曲

tonpeym.hatenablog.jp 先日この記事を書いたが、サントリーホールに行ったのは実に15年ぶりであった。サントリーホールには、10回ほど行ったことがある。 昔は新橋からタクシーで行っていたので、実はこの間行くまで最寄り駅を知らなかった。演奏前は、なぜ…

札幌交響楽団 東京公演 於:サントリーホール

サントリーホールで行われた、札幌交響楽団の東京公演を聴きに行った。 www.sso.or.jp 会社の先輩に誘って頂いた。 その先輩には良くしてもらっていて、感謝である。 (職場に年の近い女性の先輩が少ないので、いつもその先輩に甘えてしまっているが…) 北の大…

オーケストラ ☆の王子さま 第47回定期演奏会

hoshi-o.sakura.ne.jp 後輩の女の子がオーケストラでCbを弾いており、定期演奏会を聴きに行ってきた。 チケットを頂き恐縮である。ありがとう後輩。曲目はワーグナーのリエンツィ、ワルキューレの騎行、ブルックナーの交響曲4番「ロマンティック」だった。僕…

コレルリ 合奏協奏曲8番(クリスマス協奏曲)

クリスマスシーズン、今日ぐらいまで街中のBGMはクリスマスナンバーに溢れている。 日高屋だろうが餃子の王将だろうが、店内で流れてくるのはクリスマスソング達だ。個人的には、クリスマスと言えばアルカンジェロ・コレルリの「クリスマス協奏曲」が思い浮…

コルンゴルトと映画音楽

映画(一般的に認識されている洋画)において、音楽の成す役割は大きい。オーケストラが演奏するやつだ。映画音楽と20世紀以降のクラシック音楽を、(ロマン主義的な面で)区別をつけるのは難しい。これは、履修科目における日本史の戦後部分と現代社会の関係に…

和洋折衷の凄腕料理人 プロコフィエフ

セルゲイ・プロコフィエフというロシア・ソ連の作曲家がいる。5歳で作曲に目覚め、9歳で最初のオペラを書いた、まさに天才である。 彼の自伝はとても面白かった。プロコフィエフ 自伝/随想集作者: セルゲイプロコフィエフ,田代薫出版社/メーカー: 音楽之友社…

めっちゃ有名な曲(チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番)

チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番は有名だ。冒頭の3拍子を耳にすると「これどこかで聴いたような…」となる。超有名なメロディである。数年前に、和田アキ子さんがパチンコ屋さんのCMで熱唱していたあれである。実はこれは主題ではなく序奏で、ここ以降は一…

Romanze:Ziemlich langsam

クラシック音楽専門の中古CD屋さんに、週1回ぐらい行っている。この間は諏訪内晶子さんが弾くR.ストラウス/フランクのソナタが録音されたCDを探しに行ったが、見つからなかった。 そこにはレコードも売っているのだが、その時にレコード売り場から客さんと店…

譜上のルーズベルト・ゲーム バルトーク ピアノ協奏曲第2番

バルトークという作曲家がいる。 ルーマニア民族舞曲というのを書いているのでルーマニア人かと思ったら違うらしい。もしかしてその頃ルーマニアはハンガリーだったのかもしれないが、教養のない僕には分からない。 バルトークのピアノ協奏曲第2番は史上屈指…