風のままに進むんだ

美しく帆を張れ!ここに書いたものが遺言だー!

音楽

ショパン ピアノ協奏曲第1番

マウリツィオ・ポリーニというイタリアのピアニストがいる。 もう高齢だが存命で、世界を代表する音楽家だ。ポリーニを、一躍世界的な演奏家に押し上げたのが、1960年の「ショパン国際ピアノコンクール」だ。 このコンクールは世界的で3本の指に入るほど権威…

音楽のオーパーツ

音楽を聴いていると、たまに恐ろしく時代を先取りしたような曲に出会う。タルティーニという作曲家が、悪魔のトリル呼ばれる曲を残している。 タルティーニの夢の中で悪魔が弾いていたメロディを、楽譜に書き写したという逸話のある曲だ。 バロック期の曲だ…

サントリーホールで聴いた幻想交響曲

tonpeym.hatenablog.jp 先日この記事を書いたが、サントリーホールに行ったのは実に15年ぶりであった。サントリーホールには、10回ほど行ったことがある。 昔は新橋からタクシーで行っていたので、実はこの間行くまで最寄り駅を知らなかった。演奏前は、なぜ…

札幌交響楽団 東京公演 於:サントリーホール

サントリーホールで行われた、札幌交響楽団の東京公演を聴きに行った。 www.sso.or.jp 会社の先輩に誘って頂いた。 その先輩には良くしてもらっていて、感謝である。 (職場に年の近い女性の先輩が少ないので、いつもその先輩に甘えてしまっているが…) 北の大…

オーケストラ ☆の王子さま 第47回定期演奏会

hoshi-o.sakura.ne.jp 後輩の女の子がオーケストラでCbを弾いており、定期演奏会を聴きに行ってきた。 チケットを頂き恐縮である。ありがとう後輩。曲目はワーグナーのリエンツィ、ワルキューレの騎行、ブルックナーの交響曲4番「ロマンティック」だった。僕…

コレルリ 合奏協奏曲8番(クリスマス協奏曲)

クリスマスシーズン、今日ぐらいまで街中のBGMはクリスマスナンバーに溢れている。 日高屋だろうが餃子の王将だろうが、店内で流れてくるのはクリスマスソング達だ。個人的には、クリスマスと言えばアルカンジェロ・コレルリの「クリスマス協奏曲」が思い浮…

コルンゴルトと映画音楽

映画(一般的に認識されている洋画)において、音楽の成す役割は大きい。オーケストラが演奏するやつだ。映画音楽と20世紀以降のクラシック音楽を、(ロマン主義的な面で)区別をつけるのは難しい。これは、履修科目における日本史の戦後部分と現代社会の関係に…

和洋折衷の凄腕料理人 プロコフィエフ

セルゲイ・プロコフィエフというロシア・ソ連の作曲家がいる。5歳で作曲に目覚め、9歳で最初のオペラを書いた、まさに天才である。 彼の自伝はとても面白かった。プロコフィエフ 自伝/随想集作者: セルゲイプロコフィエフ,田代薫出版社/メーカー: 音楽之友社…

めっちゃ有名な曲(チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番)

チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番は有名だ。冒頭の3拍子を耳にすると「これどこかで聴いたような…」となる。超有名なメロディである。数年前に、和田アキ子さんがパチンコ屋さんのCMで熱唱していたあれである。実はこれは主題ではなく序奏で、ここ以降は一…

Romanze:Ziemlich langsam

クラシック音楽専門の中古CD屋さんに、週1回ぐらい行っている。この間は諏訪内晶子さんが弾くR.ストラウス/フランクのソナタが録音されたCDを探しに行ったが、見つからなかった。 そこにはレコードも売っているのだが、その時にレコード売り場から客さんと店…

譜上のルーズベルト・ゲーム バルトーク ピアノ協奏曲第2番

バルトークという作曲家がいる。 ルーマニア民族舞曲というのを書いているのでルーマニア人かと思ったら違うらしい。もしかしてその頃ルーマニアはハンガリーだったのかもしれないが、教養のない僕には分からない。 バルトークのピアノ協奏曲第2番は史上屈指…