風のままに進むんだ

ここに書いたものが遺言になる予定

ジェイコブ・デグロムが見た景色と、彼を見た我々含む皆が見ているもの

ジェイコブ・デグロム投手の成績は、今年のメジャーリーグ最大の関心事と言っていいかもしれない。

www.espn.com


先発26試合連続で3失点以下という圧倒的な安定感、防御率は1.71だ。イニングも200に迫り、奪三振は優に200を超える。
しかし、なんと8勝9敗と負け越している。

ここで問題になるのが、彼は投手最大の栄誉であるサイ・ヤング賞に輝けるかということだ。
かつては13勝12敗のフェリックス・フェルナンデスが受賞したことがあったが、先発投手が負け越しての受賞は例がない。

予想しにくいのは、選考が記者投票という点だ。日本の沢村賞は選考委員がおり、また15勝以上・防御率2.50以下などの基準があるが、サイ・ヤング賞は記者投票である。基準はないに等しい。

そしてサイ・ヤング賞は日本の沢村賞と違い、候補者を先発投手に限定していない。かつてはクローザーのエリック・ガニエも受賞している。

つまり時代によって世論が変わるのだ。デグロムが受賞すれば、時代が変わったと言えるかもしれない。

日米のMVP投票も、似たようなものである。どんなに圧倒的な成績を残しても、チームが最下位だと印象が悪い。
しかし、ヤクルトのウラジミール・バレンティン選手がシーズン60本塁打を放ち、チームが最下位だったのにMVPを受賞したことがあった。

記者投票系のアワードは美人コンテストに似ている。美しさとは主観的なものであるから、有権者同士が駆け引きして形成された世論が大事ということだ。
(余談だが、ITが普及する前の為替ディーリングもそうであったらしい。)

つまりは、イメージで決まる。人間の人間に対する評価の仕方なんてその程度だと思うが、それが人生を決めることもあるのだ。

蛍の光と別れのワルツの違い

突然だが、僕は3拍子の曲が苦手である。

J-POPや洋楽にはあまりないかもしれないが、クラシックではたまに聞く。

3拍子の曲を聴くと、生活上聞こえる音も3拍子になってしまう。特に気になるのが足音だ。
足音や胸の鼓動・秒針の刻みなど反復するリズムは、2拍子とか4拍子とかの偶数拍子が合う。3拍子は奇数なので余ってしまい、違和感がある。ランニング中に3拍子の曲が流れてきたら、もうおしまいである。

ちなみに、「蛍の光」という曲があるが、似ている曲として存在するのが、よくお店の閉店間際に流れる「別れのワルツ」である。

「別れのワルツ」は3拍子であり、4拍子である「蛍の光」と微妙にリズムが違う。これもすごい違和感を感じる。閉店間際のお店で感じる、居心地の悪さの正体かと思われる。

3拍子が体に合っていないのかもしれない。

大盛り無料という罠にハマり、本質を見逃すな

「大盛り無料」というサービスを実施しているお店は多い。

自分は貧乏性なので、そういったサービスがあったら絶対に大盛りにする。同じ値段で量が増えるなら、その方がコストパフォーマンスが良いからである。また、日高屋などの外食チェーンでは会計の際に「大盛り無料券」というのを貰えるが、これも絶対に使おうとする。

しかし腹八分目の方が、食後や翌日の体調が良いというのも事実だ。量より質に舵を切らねばなるまい。
「コストパフォーマンス」や「効率」と言った単語は定量的であるがゆえに呪縛となり、僕をなかなか解き放ってくれない。

僕はラーメン屋さんや定食屋さんという場所においても、物事の本質を見極めていかなければならないのである。人生は難しいし面倒だ。

ローラースケートで出社している人がいて、効率が良さそうだと思った

ローラースケートで出社している人を末広町秋葉原辺りの中央通り沿いで見かける。

自転車の駐輪スペースは都心にはなかなかないが
ローラースケートなら会社のロッカーなどに入れておけるので、そのスピード感も相まってかなり合理的な通勤手段である可能性が高い。

ただ、その人はリュックサックではなく手提げのカバンを携帯しており、それを手の動きと共に左右に振るため攻撃型の出勤スタイルになってしまっている。リュックサックの方が良いのではなかろうか、と思う。

あと、その人は歩道を走行している。中央通りは道幅も広いが、裏路地では危ないかもしれない。でも、そもそもローラースケートは歩道を走るものなのか車道を走るのものなのか、そこからしてよく分からない。

あまりにも茶葉のあまみを感じすぎた

職場の自販機で、ここ10日ぐらい綾鷹だけが品切れという状況が続いている。
上のフロアも下のフロアも、綾鷹のみが売り切れている。

綾鷹といえば、CMのキャラクターは吉岡里帆さんだ。
つまり僕は1日1本綾鷹を飲まないと廃人と化すから、この状況は困る。エレベーターを降りて、最寄りのコンビニに買いに行くのは面倒だ。

僕はよく社内で綾鷹を飲みながら「今僕は、吉岡里帆さんと同じ茶葉のあまみを感じている」などという支離滅裂な言動を繰り返しているのだが、それにより急激に社内の綾鷹需要が高まった可能性が否定できなくなってきた。

反省しきりである。まともに生きたいけど、どうしていいのかよく分からない。

あなたは、自分自身に対してパワハラをしていませんか?

今年は、世間でパワハラが問題になっている年だ。

年功社会に身を置く場合は、知らず知らずのうちに年を重ね、気づかないうちにパワハラをしている…なんてことは結構あると思う。

僕は大丈夫だろうか?と思ったが、唯一パワハラを働いている対象があるんではないかと思い始めた。それは自分に対してである。

僕が自分自身を追い込む方法は、あまり論理的ではないやり方だ。具体的なところは述べないが、肉体的・精神的苦痛を伴うものであり、他人に強要したら間違いなくパワハラである。

なぜそんなことをするかというと、そういう方法でしか努力できないからだ。
理論的に自己をコントロールできていれば、多分もっといい大学に入ったり、もっと充実した人生を送れていたはずだ。ただそこまでの能力も集中力もないので、苦心の上編み出した自分なりの方法である。

パワハラを働くような人は能力に劣り、集中力も理論性も乏しい。その点自分とあまり変わらない。
ただ、世の中には自制して理論的かつ効率的に努力できる人など稀である。手段はさておき、努力できるだけマシだ。ただそのやり方を他人に押しつけてはいけない。

平尾誠二氏も「『俺の言ったとおりにやれ!』方式は、お互いの距離感を掴みづらくする」と言っていた。(「キリカエ力は指導力」という本より)

自分に対してしている仕打ちを他人にもしていないか、という視点を持ったら面白いかもしれない。

後輩を指導する際は気をつけねば、と思う。

ダイソーのうすグラス(100円)の性能

うすはりグラスというのがある。薄いグラスである。

居酒屋に行ってビールを頼むと分厚いジョッキで出てくるのに、うすはりグラスも良いんですよと言われるとこの世の中に信用できる事項など何もないと感じる。どっちがいいのか分からないと言えば、朝食有害説みたいなものである。

ある日100円ショップにうすはりグラスみたいなのが売っているのを見つけて、100円ならいいかと思い買ってみた。そうしたらこれがいい。冷蔵庫でグラスごと冷やしておいて、ビールとかを飲むと腰が抜けるほどおいしい。薄いので割れやすいが、100円なら割れても罪悪感はない。

誰かに薦めたいが友達が1人もいないのでここに書いておく。たまには商品紹介とかも書かないと本気で意義のないブログになってしまう。