風のままに進むんだ

ここに書いたものが遺言になる予定

モーツァルト ピアノ協奏曲22番

先日、仕事で講演会を聞く機会があった。
400人ほど収容できるホールで行われた、それなりの規模のものだ。

このような規模の場合、だいたい開会前は室内にBGMが流れている。
クラシック音楽系が多い。成城石井の店内で流れているのと同じ系統の曲だ。場合によっては、開会前に眠くなる。

この日は、モーツァルトのピアノ協奏曲22番が流れていた。
この曲は、あまり有名でない曲である。20番台の協奏曲だと20番・21番・23番あたりは有名だが、22番は知名度に劣り、演奏機会も少ない。

しかし、これが素晴らしい曲なのである。クラリネットを用いた当時としては斬新な編成(しかもオーボエがない)で、ピアノとオーケストラとの掛け合いが印象的だ。
変ホ長調という輝かしい調性から喜びが溢れてくる。サロン的な気品がありながら、素朴さ・無邪気さも失ってはいない。内省的な二楽章も、非常に良い。
またこの曲はモーツァルト自筆のカデンツァがなく、その選択が奏者に委ねられているところが、かえって面白いと思う。

史上屈指のモーツァルト弾きである内田光子の流麗な演奏、凛々しさと優しさに溢れるブレンデルの演奏などが有名だが、ここは敢えてゲザ・アンダの演奏を推す。


www.youtube.com


ゲザ・アンダと言えば、バルトークの協奏曲を以前紹介した。


tonpeym.hatenablog.jp


バルトークを弾くアンダは、迫りくる死の圧力を淡々と制するかのような、律動と内燃を両立する感情を見せた。
一方のモーツァルトでは、幸せオーラ全開で歌いまくっている。曲の違いもあるが、同じ人の演奏とは思えない。
これがアンダの魅力であり素晴らしさであるとつくづく思う。

ピアノという楽器の音の出し方は、言うまでもなく鍵盤を叩くことだ。
しかし同じ人が違う曲を弾くだけで、音が違う。多分一生かかっても、この不思議を味わい尽くすことはできないだろう。

「中途採用でも優秀な人材に出会えます」

とある転職サービスのCMを見ていたら「中途採用でも優秀な人材に出会えます」と書かれていた。

裏を返すと、現在の中途採用では優秀な人材を確保しにくいといっているようにも聞こえる。
僕の偏屈な見方なのかもしれないが、そう感じてしまう。採用する側の本音のようにも聞こえるのは気のせいか。

正直なところ、新卒採用の方が優秀な人材を採用することは難しいと思っていたので、意外だった。
新卒採用は採用する側にとってもされる側にとっても、ギャンブルのようなものの気がするが…

能力はあるのに会社に恵まれなかったため、在野になっている有能は少ないのだろうか。
元から能力がある(伸びる可能性が高い)人たちは、会社選びも間違えないという事か。

人材市場の流動性がもっと増して、ある程度以上の水準にならないとダメなのだろうか。
流動性の低さは、職歴に空白期間があることを嫌う風潮も関係しているようにも思える。仕事をしながら次の仕事を探すのは容易ではない。

言葉一つで、色々考えてしまった。

台東区秋葉原(住所)

東京に、秋葉原という地名がある。

秋葉原と言えば、イメージは「外神田○丁目」とか「神田○○町」という地名だ。
JR秋葉原駅も、所在地は「外神田一丁目」だったはずである。

秋葉原なんていう地名はないと思っていたが、Google Mapsを見ていたらたまたま発見。



f:id:tonpeymanning:20181111124554j:plain



行こうと思って末広町の方に歩いていくと、秋葉原があった。千代田区ではなく台東区である。



f:id:tonpeymanning:20181111124319j:plain



うーん、地味だ。
近くには秋葉原らしいものもない。

通り道にでもない限り、わざわざ行くような所ではないと思われる。

重心と走り方は矯正できる(と思う)

www.youtube.com


先日、ゆきりぬさんのこの動画を見た。

自分の歩く姿や走る姿というのは、普段は自分では分からない。
僕は、重心がかなりかかとの方にかかっている。靴下がいつもかかとから破れるし、靴下もかかとからすり減る。

対して、最近のマラソン界のトレンドは「フォアフット(つま先重心)の走り」である。Nikeがこれに目をつけシューズを開発、世界記録も日本記録もフォアフット走法とNikeの靴で塗り替わった。

もちろん偶然かもしれないし、体を無理に矯正して怪我をしたら意味はないが、当時記録が伸び悩んでいた自分は重心をつま先に意識することにした。
やり方は1日30分、かかとを着けないで歩くのを3か月続けるというものだ。練習も、つま先を意識して走り込んだ。

結果的に、フルマラソンで自己ベストを4分更新。
コースのおかげかもしれないし、そもそも市民ランナーレベルでは誤差なのかもしれないが、自分の重心を意識するというのは大切であると思ったきっかけにはなった。

ところで、正しい走り方は美しい走り方だが、速い走り方とは限らないというのも事実だ。
女子マラソンの世界記録保持者であるポーラ・ラドクリフさんは、かなり特徴的な走り方をしていた。
走り方は決して美しくはないかもしれないが、誰よりも速い。

余談だが、足の重心のかかり方に「4スタンス理論」というのがある。


「4スタンス理論」バイブル

「4スタンス理論」バイブル


色々前提はあるのだが、人間の重心のタイプをa(つま先)・b(かかと)、1(外側)・2(内側)を組み合わせた4通りのタイプに分け、それぞれに適した動きを提唱するというものだ。

ただし必ずしも、自分の今のタイプは、目的とする動きにとり最善とは限らない。
この本にも書いてあることだが、4スタンスはいつ何時でも通用するものではない。普遍的な動きというものは存在する。
事実、僕はフォアフットの走りで自己ベストを出した。もちろん、無理に矯正をするとケガのリスクがある。リスクを承知の上で、じっくりと取り組んでいくことが大事だ。

この本を読んでから、街中で他人の歩き方をチェックすることが増えた。本当に皆々、十人十色の歩き方をしている。

面白いので、おすすめの本である。

カラヤン指揮のコンサートを映画館で!『カラヤン・シネマ・クラシックス』が日本に上陸

カラヤン・シネマクラシックス」というものが日本で上映される。

オーストリア、ドイツ、スイスではすでに音楽ファンを魅了している本シリーズは、ドルビー・アトモスによる革新的なサウンドテクノロジーにより、観客が映画館に居ながらにしてカラヤンの音楽に全身全霊で浸ることができる画期的なイベント上映だ。

ドルビー・アトモスというシステムにより音響がより立体的で、鮮明かつ細やかなものになるという。天井などに何個ものスピーカーが設置された、専用の劇場で放映可とのことだ。

システムとオーケストラとの相性は良さそうである。オーケストラは前方のみから音が出ていると錯覚されがちだが、実際は違う。
ステージ上の楽隊から音が出て、それが床に伝わったり、ホールの壁や天井に反響して返ってきたり、残響となったりする。
そういったものも再現できているかもしれない。

企画と、カラヤンという指揮者との相性も、とても良いと思う。
カラヤンは、録画時にビジュアル的効果を追求して、金管楽器のベルの位置まで揃えたり、自らも目をつぶって瞑想的な指揮を行ったりした。舞台映えがする指揮者なのである。
今でも多くのアマチュアオーケストラの指揮者が、カラヤンを意識した棒の振り方をしている。かっこいいからね。

音響効果を追求するために巨大化したオーケストラも、何とも見栄えが良く映像映えする。彼はオーケストラの低音域を強化しており、映画館と相性がよさそうだ。

話を戻すが、今回の企画は値段3,600円と、強気のようにも見える。4DXとかMX4Dとかの、水がかかったり席が揺れたりする上映の料金より高い。
普通の映画をドルビー・アトモスで見ても、1,800円+200円=2,000円だ。

クラシックはマイナーであるからお客さんの入りが期待できないこと、上映期間が短いこと等が原因だろうか。
もしかしたら既存の映像をドルビー・アトモスに対応させるのに、コストがかかっているのかもしれない。

値段こそ高いが、どれか1プログラムは行ってみる価値があると思う。
もしかしたら、音楽ライブのあり方を覆すような体験ができる可能性がある。故人となった芸術家や引退したアーティストのライブを、実体験できる日は近いかもしれない。

エミネムさんと映画「8-Mile」

僕はヒップホップアーティストのエミネムさんが好きである。
エミネムさんの曲を必死に聞いていたら耳が慣れ、TOEICのリスニングで高い点数を取ったことがある。

ヒップホップの魅力は相手をディスることだ。これは日本にはあまりない文化である。
アメリカでは、広告で「○○より安い」「○○よりサービスがいい」と、相手と比べた相対的な良さをアピールするものが比較的多い気がする。

日本はあまり、直接周りと比較するという文化がない。昔の歌遊びなども、歌詞は相手より優れていることを示すようなものではなく、自分の良さを出し合うものだった。
歌詞で直接相手を倒すタイプの音楽は、日本人にとっては新鮮ではないだろうか。

かつてエミネムさん本人が主演した8-Mileという映画があったが、これは良かった。(以下、ネタバレを含む)

続きを読む

ツインズのジョー・マウアー選手が引退へ

baseballking.jp


メジャーリーグミネソタ・ツインズのジョー・マウアー選手が現役を引退する。
打てる捕手の代名詞のような存在だったが、2014年以降は捕手として出場していなかった。
今年1試合だけ出場したが、おそらく引退にあたって記念出場したようなものであろう。


www.baseball-reference.com


捕手時代のマウアー選手はとにかく凄かった。
DH他の出場も少しあったが、主に捕手を守りながら首位打者3度を記録。守備も上手く、ゴールドグラブも3度受賞した。通算での盗塁阻止率は30%を超えている。
三振も少なく、とにかく運動能力全般が高かった。

その証拠に、学生時代はアメリカンフットボールでで全米選抜、バスケットボールでも州選抜に選ばれている。
アメフトの奨学生として、大学進学が決まっていたという噂だ。

昔、アリゾナ・カージナルスのワイドレシーバーであるラリー・フィッツジェラルド選手が、SNSに「学生時代にバスケでマウアー選手と戦った時の写真」を載せていた。
フィッツジェラルド選手は史上屈指のレシーバーであり、運動能力が高く、NFLでは同一チームで一筋、ミネソタのツインシティ生まれと、マウアー選手との共通点が多い。

非常に高い能力を有していたマウアー選手だったが、脳震盪の影響でここ5年は捕手以外を守っていた。
MLBで捕手を守り続けることは体への負担が大きい。今年はジャイアンツのバスター・ポージー選手も手術に踏み切って、シーズンを途中で終えた。

そう考えると、キャリアのほとんどを捕手として過ごし(2427/2543試合)、捕手としてゴールドグラブを13回獲得したイバン・ロドリゲスが、いかに凄かったかがよく分かる。

しかし、ケガで捕手を守れなくなったことを差し引いても、マウアー選手の偉大さが損なわれるものではない。

引退はするが、我々の記憶から消えることはないだろう。